「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」京浜急行本線 >新馬場駅
京浜急行本線

新馬場駅

しんばんば 東京都品川区

←品川・泉岳寺方面:北品川駅 浦賀方面:青物横丁駅
取材日:2018年5月4日

 かつては北馬場駅と南馬場駅だったものが高架化により一つの駅になったものです。そのため、それぞれの旧駅跡同士を繋いだ形になっているため、長いホームになっています。間に川もあり、北品川と南品川にまたがった駅になっています。

新馬場駅名標

 

新馬場駅駅舎 南口

駅舎は北口と南口です。

ホーム

ホームの様子。

北品川方面

北品川・品川方面を望む。

青物横丁方面

青物横丁・浦賀方面を望む。

接近案内

接近案内表示器など。

電車

停車中の電車。

ホーム

ホームは長いため、それぞれの入口から入ってしばらく進んだところに「この先30メートル先にとまります」の表示があります。

電車

表示の30メートル先に停車した列車。

列車

停車中の列車。

北口

北口からホームに入っていくところ。

改札口

北口の改札口、改札内から。

改札口

北口の改札口、改札外から。

入口 入口

北口の改札口に近づいていくところ。

駅前

北口に出てきたところ。京急のホテルがそばにあります。

ホテル入口

そのホテル入口。

道路側

道路側を見たところ。

駐輪場

駅を出ると正面に駐輪場があります。

コンビニ

その駐輪場の先にコンビニがあります。

コンビニから

コンビニから見た駅入口の方向。

周辺 周辺

北口周辺の町の様子。

東海道品川宿

北品川駅から続く東海道は、この駅の近くまで続いています。

店

旧東海道にある店。

新馬場駅の由来 新馬場駅

京急新馬場駅(北馬場町)の由来が書かれた店がありました。

商店街

商店街の事務所。

本陣跡

品川宿本陣跡。こちらから抜けると・・・

聖蹟公園

聖蹟公園というところに繋がっています。

国道

そこから国道に出まして、これが新馬場駅の下も通ります。

東海道北品川 東海道北品川

東海道北品川交差点。ここで北品川から歩いてきた東海道と交差します。

東海道

一旦先ほどの東海道に戻り・・・

道

先ほどの国道より1本北品川駅側の道を通ります。

鳥居

すると鳥居が見えてきました。

品川神社

道路を挟んで「品川神社」があります。

境内

境内の様子。

富士山登山

富士山登山、という石の塊があり、そこを登ってみます。

線路

そこから見た高架の京浜急行本線。新馬場駅北口のそばです。

北口

新馬場駅北口を道路の向こうから。

線路沿い

そこから線路沿いに歩きます。目黒川を渡ります。

ホーム ホーム

実はこの川の上にも新馬場駅のホームが続いています。

寺 寺

寺があり、それが南口のそばに繋がっています。

南口 南口

新馬場駅南口付近の風景。

南口

そこから新馬場駅南口へ。このブロック塀に京急の駅らしさを感じます。かつての南馬場駅だった名残がよく分かります。

駅前から

南口の駅前から。

改札口

南口の改札口、改札内から。

ホームから

ホームから改札口へ。

ホーム

かつての南馬場駅だった名残と思われるブロック塀と今の高架ホーム。

ホームへ ホームへ

南口からホームへ。

ホームへ

南口からホームに入ったところ。


←品川・泉岳寺方面:北品川駅 浦賀方面:青物横丁駅
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」京浜急行本線 >新馬場駅