■区間全駅

鶴見線 その8



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >鶴見線>浜川崎駅
←鶴見方面:武蔵白石駅 扇町方面:昭和駅

浜川崎駅

はまかわさき 神奈川県川崎市川崎区
取材日:2002年12月22日

 南武線(南武支線)の浜川崎駅とは、道路を挟んでいます。お互い、ホーム数が1本ずつしかないので、ひっそりとしているはずなんですけど、貨物線が地平にも高架にもありまして、線路の数は沢山あります。旅客的には、ひっそりしたところなのですが、貨物から見ると日本の大動脈の中にあるという位置づけのようです。

浜川崎駅名標 浜川崎駅駅舎

道路を挟んで

道路を挟んで、右側が南武支線の浜川崎駅、左側が鶴見線の浜川崎駅です。どちらも無人駅となっています。

 

跨線橋の上

南武支線の駅がある方向と反対側に出ると、ある会社専用の出入り口になっています。そのため、スイカの機械などは、跨線橋の上にあります。ある意味、橋上駅?

 

案内

階段にある出口の案内。反対側は、ある会社専用の出入り口ですね。

ホーム

ホームの風景。

のりば

1・2番線は南武支線で使われています。そのため、鶴見線には3・4番線が割り当てられています。


←鶴見方面:武蔵白石駅 扇町方面:昭和駅
「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >鶴見線>浜川崎駅