■区間全駅

富山地方鉄道本線 電鉄黒部−宇奈月温泉間 その1



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >富山地方鉄道本線 電鉄黒部−宇奈月温泉間 >電鉄黒部駅
←新魚津・上市・電鉄富山方面:電鉄石田駅(上市−電鉄黒部間へ) 宇奈月温泉方面:東三日市駅

電鉄黒部駅

でんてつくろべ 富山県黒部市
取材日:2005年7月18日

 JRの黒部駅とは、歩けない距離ではないですが離れています。こちらの方が、黒部市の中心部にある駅です。開業当初は西三日市駅を名乗っていたようです。また、昭和15年3月、三日市町、石田村、田家村、村椿村、大布施村、前沢村、荻生村、若栗村の1町7村が合併し桜井町となり、さらに昭和28年には、東布施村を編入。そして、昭和29年4月、桜井町と生地町が合併して、取材日現在の「黒部市」が誕生しましたが、昭和63年までこの駅は電鉄桜井駅を名乗っていました。(これで桜井・三日市・黒部の地名の関係がお分かり頂けたと思います。)駅舎は歴史のある立派なもの、また、駅のホームは独特な造りです。

電鉄黒部駅名標 電鉄黒部駅駅舎

改札口

改札口の様子。駅舎は広いです。

ホームへ

改札を出て、ホームへ行く構内踏切。行き先の板があります。

電鉄桜井

駅名標を、電鉄桜井駅から電鉄黒部駅に修正した後、修正したものが剥がれて、また電鉄桜井駅が出てきてしまいました。

 

構内 構内

構内の様子。独特な造りです。方向によって、ホームが決まっています。そのため、列車が到着して両方にホームがあっても、どちらか片方しか開きません。また、ホームの電鉄石田側が、まとめて大きな高い屋根で覆われています。また、電鉄三日市側には車庫があります。

駅前

駅前の様子


←新魚津・上市・電鉄富山方面:電鉄石田駅(上市−電鉄黒部間へ) 宇奈月温泉方面:東三日市駅
「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >富山地方鉄道本線 電鉄黒部−宇奈月温泉間 >電鉄黒部駅