■区間全駅

万葉線 新湊港線 その7



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >万葉線 新湊港線 >越ノ潟駅
←六渡寺・高岡駅前方面:海王丸駅

越ノ潟駅

こしのかた 富山県射水市(旧:富山県新湊市)
取材日:2002年11月23日(2011年9月23日取材分に一部参考比較分を除き差し替え) 2014年5月4日取材分を追加掲載

 今はここで線路が終わっていますが、富山新港ができるまではこの先、富山市内まで線路が続いていました。その代替としてこの駅前から県営渡船があります。また、新湊大橋もできています。

越ノ潟駅駅名標 越ノ潟駅駅舎

構内

構内の様子。

海王丸方面

海王丸・富山駅前方面を望む。

構内

電車が発車したあとの構内。

渡船のりば

駅前には渡船のりばがあります。

渡船の港

渡船が発着する港。対岸まで無料で渡ることができます。

渡船より

渡船から見た越ノ潟港。

新湊大橋

渡船から見た建設中の新湊大橋。

堀岡

渡船で渡った先、堀岡。


ホーム

2002年当時のホーム。当時は反対側の線路に電車が発着していたようです。

駅舎跡

また、この当時は駅舎跡がくっきりと残っていました。


●以下2014年5月4日取材分。主として新湊大橋開通後の様子です。

踏切より

近くの踏切から見たホームの様子。

新湊大橋

歩いてしばらくのところにある新湊大橋入口。

海王丸

橋から見た海王丸。

歩道入口

歩道の入口。「あいの風プロムナード」という名称です。

橋

橋の下から対岸をみたところ。このあとエレベーターで上がります。

越ノ潟駅方面

エレベーターで上がったところから見た越ノ潟駅の方向。マンションで隠れていますが、現在も残っている渡船のりばあたりから越ノ潟駅です。

海王丸

上から見た海王丸。

歩道

歩行者は橋の上には行けず、道路の下にある歩道を歩くことになります。なお、ガラスに覆われているため風が直接触れることはありません。

対岸

対岸に渡ったところ。

新湊東口

対岸の堀岡(渡船のりばの前)。いろいろとバスが乗り入れています。

堀岡 堀岡

越ノ潟駅の対岸、堀岡の町並み。富山新港ができる前はそのまま繋がっていたことが分かる雰囲気で、越ノ潟駅・海王丸駅付近の町並みがそのまま繋がっています。


←六渡寺・高岡駅前方面:海王丸駅
「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >万葉線 新湊港線 >越ノ潟駅