区間全駅

区間全駅 万葉線 新湊港線 もくじ



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >「新湊港線」

●はじめに

 2002年3月まで、加越能鉄道として運行されていた高岡駅前−越ノ潟間の「万葉線」(愛称)は、2002年4月より、第三セクターの「万葉線株式会社」として再スタートしました。正式には、高岡駅前−六渡寺間(7.9km)を「高岡軌道線」、六渡寺−越ノ潟間(4.9km)を「新湊港線」といい、両者、別々の歴史をたどっています。ただし、運転上は全く区別されずに、直通しています。

 ここでご紹介する区間は、昭和8年に聯隊橋(のちの新富山)−新伏木口(現:六渡寺)として開通し、その後、富山地方鉄道射水線として営業していたものの、昭和41年、富山新港建設のため分断され、加越能鉄道に譲渡されました。お気づきのように、高岡軌道線よりも古い歴史をたどっています。なお、富山新港対岸に残った富山地方鉄道射水線は昭和55年に廃止されています。

 また、この区間の「新湊港線」という路線名ですが、万葉線(株)の公式サイトに従った表現を採用しています。

 なお、隣駅へのリンクで、各ページ「←高岡駅前方面」となっているものについては、現在は「←高岡駅方面」とすべきものですが、取材時は「高岡駅前方面」だったことを踏まえ、高岡駅電停改称後に取材しなおした電停があればそれを除いて、あえて「←高岡駅前方面」のままとしております。

●もくじ

庄川口駅 しょうがわぐち
射水市新湊庁舎前駅 いみずししんみなとちょうしゃまえ
新町口駅 しんまちぐち
中新湊駅 なかしんみなと
東新湊駅 ひがししんみなと
海王丸駅 かいおうまる
越ノ潟駅 こしのかた


「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >「万葉線 新湊港線」