「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」北陸本線 福井−敦賀間 >王子保駅
北陸本線 福井−敦賀間

王子保駅

おうしお 福井県越前市(旧:福井県武生市)

←福井・金沢方面:武生駅 敦賀・米原方面:南条駅
取材日:2015年8月23日(当初取材は2002年9月15日。一部を除き差換済。追加取材:2017年5月21日、2018年8月12日、2019年8月4日)

 車窓の雰囲気が少しずつ変わってくるところにあります。このあたりから、国道365号線や日野川が近くを通ります。この先、両側に山が近づいてきますが、このあたりはまだまだ水田も広がっていて、開けたところにあります。日野山が近くにあり、この付近の車窓として印象的です。

王子保駅名標 王子保駅駅舎

ホーム

ホームの様子。

武生方面

武生・福井方面を望む。

南条方面

南条・敦賀方面を望む。

日野山 日野山

この駅付近の印象的な風景である日野山。それぞれのホームから。

駅舎

ホームの駅舎付近。

駅舎

同じくホームの駅舎付近。

駅前

跨線橋から見た駅前。

跨線橋

跨線橋の様子。

待合室

駅舎と反対側のホームにある待合室の中。

反対側

ホームと反対側。こちらには出入り口はありません。

ホームより

駅舎と反対側の様子。

特急列車

通過する「しらさぎ」。

貨物列車

通過する貨物列車。

駅舎内

駅舎内の様子。

改札口

改札口相当の付近の様子。

待合室

待合室の様子。かつてストーブがあった跡があります。

駅舎より

駅舎改札口相当の付近から見たホームの様子。

駅前

駅前の様子。

花壇

花壇と駅舎。

入口

駅舎入口。

遠景

駅舎遠景。

国道

国道365号線に出てきたところ。

踏切

近くの踏切付近から。

反対側

駅舎と反対側から見た駅の様子。

列車

駅舎と発着する普通列車。


●以下2002年9月15日の様子。

駅名標

当時の駅名標。

灯り

跨線橋から見たホーム。ホームの電灯が洒落ています。

日野山

改修前のホームと日野山。

加越

改修前のホームと通過する「加越」。

反対側

この当時も反対側は出入り口ではありませんでしたが、柵の低さや置かれている自転車から反対側も通用口として使う人がいたことが分かります。


●2017年5月21日追加取材分

ワンマンミラー ワンマンミラー

それぞれのホームに設置されたワンマンミラー。

ワンマン乗車位置

ワンマン列車乗車位置。

花 花

駅前の花。

水田

駅舎と反対側には水田が広がっています。ただし、この時点では水が張ってある水田だけでもないようです。

水田

水田と王子保駅を通過する特急列車。

麦畑

また、水田だけでなく麦畑も広がっています。

水田と麦畑

水田と麦畑。田植え直後と収穫直前。

水田

水田と王子保駅。

日野山

水田に映った日野山。

南条駅側

少し南条駅側から見た王子保駅

特急列車

通過する特急列車。

水田

ホームから見た水田。


●2018年8月12日追加取材分

ICOCA改札機 ICOCA改札機

設置後未稼働のICOCA改札機。

ICOCA改札機

ICOCA改札機と集札箱。

ワンマン列車乗車位置

1番のりばのワンマン列車乗車位置。

のりば番号 のりば番号標

2018年春に設置された「のりば番号標(仮称)」

踏切より

踏切付近から。

水田

夏の水田と駅。


●2019年8月4日追加取材分

ICOCA改札機 ICOCA改札機

2018年9月から稼働したICOCA改札機。

柵 柵

2番のりば南条駅側の柵。柵の先は草が多く茂っています。

ワンマン列車乗車位置

2019年春からワンマン列車の乗車方法が変わり、使用されなくなったワンマン列車乗車位置案内。

跨線橋

工事中の跨線橋。

1番のりば

1番のりばのワンマン列車乗車位置案内だったもの。

1番のりば 1番のりば

1番のりばの「のりば番号標(仮称)」とその周辺。椅子が変わりました。

停車位置 停車位置

2両・4両の停車位置とワンマンミラー・柵の位置関係。

ストーブ入れ

待合室のストーブ入れは残っています。

LED

天井の灯りはLED化されたようです。

待合室

駅舎の待合室。椅子が変わりました。

待合室

2番のりばホーム上の待合室内。

滑り止め 滑り止め

各ホーム、2両編成の列車が到着するところには滑り止めが付いていますが、4両編成のみが到着するところには付いていません。


←福井・金沢方面:武生駅 敦賀・米原方面:南条駅
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」北陸本線 福井−敦賀間 >王子保駅