「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン >直江津駅
えちごトキめき鉄道ロゴ えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン

直江津駅

なおえつ 新潟県上越市

←市振・富山方面:谷浜駅は次回以降の更新で追加予定 | えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの春日山駅としては未取材。JR信越本線春日山駅は、JR直江津駅のページからリンクしています。 柏崎・長岡方面:黒井駅(信越本線 直江津−柏崎間へ)
JR時代の直江津駅(北陸本線 糸魚川−直江津間へ)
取材日:2019年5月5日

 JR時代は会社が変わる境界の駅でした。そのJRどうしの境界は上越妙高駅に譲りましたが、えちごトキめき鉄道とJR東日本の境界となりました。発着する特急列車も少なくなりましたが、北越急行を含め、この駅が運転の要衝であることには変わりありません。なお、当サイトの「区間」の区切りの原則(先に掲載した方に載せる)により、当サイトでは、この駅は妙高はねうまラインではなく、日本海ひすいラインの駅として扱います。

直江津駅名標 直江津駅舎

ホーム

ホームの様子。

黒井方面

黒井・柏崎方面を望む。

谷浜・春日山方面

谷浜・市振方面、春日山・妙高高原方面を望む。

1・2番のりば

1・2番のりばの「のりば標」。この緑色のものはJR時代からあるものです。

2番のりば

2番のりばの「のりば標」。

1番のりば

1番のりばの「のりば標」。JR東日本様式のものです。

階段から

階段から降りてきたところにある「のりば標」。

2番のりば

2番のりばの「のりば標」。こちらはえちごトキめき鉄道になってからのものです。

3・4番のりば

3番のりば 4番のりば

3・4番のりばの、JR時代からある緑色の「のりば標」。

3・4番のりば

3番のりば 4番のりば

3・4番のりばの、えちごトキめき鉄道になってからの「のりば標」。

上屋の骨組み。

周遊指定地

周遊指定地佐渡の看板。

時刻表

ホームの時刻表。

1・2番のりば 1・2番のりば

1・2番のりばの谷浜・春日山駅寄り。

改札口

改札口の様子。

きっぷうりば きっぷうりば

きっぷうりば。

券売機 券売機

券売機。JR用、トキ鉄用それぞれあるようですが、指定券券売機ではなく、単にきっぷを買うならトキ鉄用でJRのも買えるようです。

運賃表

運賃表。

自由通路 自由通路

自由通路の様子。市道としての表示がされています。

自由通路から 自由通路から

自由通路から見た黒井方面。

自由通路から

自由通路から見たホーム。

駅前 駅前

駅前の様子。

駅前

駅前に出てきたところ。

ホーム

駅前から見たホーム。

階段・エスカレーター

駅に入る階段・エスカレーター。

右側

駅舎右側。

南口 南口

自由通路を通り、南口の出入口は、道路を挟んで2箇所あります。

南口

南口の駅前の様子。

南口

南口の線路沿い。

車輪

南口に展示されている車輪。

ホーム ホーム

南口から見たホーム。

トイレ

南口のデザインされたトイレ。

駅舎から

正面(北口)に戻り、そこから少し谷浜・春日山寄りから。

ホーム ホーム

同じく谷浜・春日山寄りから。

ホーム先端

谷浜・春日山駅側のホーム先端。

列車

入っていく列車。

跨線橋から 跨線橋から

谷浜・春日山駅側の跨線橋から。

分岐

日本海ひすいラインと妙高はねうまラインが分岐するところ。(宿泊したホテルの一室から撮影しています)

駅前

駅前から少し町の方へ。

駅

振り返って、直江津駅の方向を見たところ。

雁木

このあたりは各店が雪よけの「雁木」を出しているところです。

町

さらに町を進みます。

関川

関川沿いに線路の方向を見たところ。

関川

関川にかかる橋。

日本海

関川沿いに日本海の方向を見たところ。


←市振・富山方面:谷浜駅は次回以降の更新で追加予定 | えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの春日山駅としては未取材。JR信越本線春日山駅は、JR直江津駅のページからリンクしています。 柏崎・長岡方面:黒井駅(信越本線 直江津−柏崎間へ)
JR時代の直江津駅(北陸本線 糸魚川−直江津間へ)
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン >直江津駅