「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」氷見線 >越中国分駅
氷見線

越中国分駅

えっちゅうこくぶ 富山県高岡市

←高岡方面:伏木駅 氷見方面:雨晴駅
取材日:2020年8月22日(当初取材:2004年4月18日 当ページに掲載)

 港町の住宅地と海沿いを走るところの境界にある駅で、どちらから来ても、この駅を過ぎると風景が大きく変わります。雨晴駅側には温浴施設の駐車場へ直接入っていくことができる出入口ができました。

越中国分駅名標 越中国分駅駅舎

ホーム ホーム

ホームの様子。

伏木方面

伏木・高岡方面を望む。

雨晴方面

雨晴・氷見方面を望む。

待合室 待合室

待合室出入口の様子。

待合室内

待合室内 待合室内

待合室内の様子。

出入口 出入口

出入口から出たところ。

出入口

出入口からホームの方向。

トイレ 水道

トイレの手洗い水道の注意書き。野菜の洗浄が禁止されています。

ホームへ

ホームへ入っていくところ。

9キロポスト

待合室前を通り、雨晴駅側へ。9キロポスト。

2両

3両 3両

2両及び3両停目。

柱

柱の駅名標。

ホームから

ホームから見た海側の風景。

出入口 出入口

雨晴駅側に出入口ができていました。集札箱もあります。

ホーム側 ホーム側

出入口から見たホーム側。

出入口 出入口

出入口の所、両側から。

駐車場

出てきたところは温浴施設の駐車場です。

海

その出入口の所から見た海。

駅前から

伏木駅側の出入口戻って、そこから出てホームを見たところ。

振り返る

少し進み、駅側を振り返って見たところ。

国道へ

国道に出てきたところ。

雨晴側

雨晴駅側へ少し進みます。

温浴施設

先ほどの温浴施設の前を通ります。こうやってくると、雨晴駅側の出入口の存在でかなりこの場所が近くなっていることが分かります。

海 海

温浴施設から少し行ったところから見た海。工場の多いところや海水浴場が見えます。

岩

駅からも見えますが、海にうかぶ岩が見えます。

廃旅館

廃旅館の前を通ります。

戻る

一旦戻ります。引き返したところから見た海。

国道の上

国道の上を通ります。

駅 駅

国道のトンネルの上の道から見た越中国分駅。

海 海

海

今度通る道は、先ほどより少し標高の高いところを通るため、より遠くが見通せます。

道 道

このようなところまで来ましたが、今回は引き返すことにします。

列車

駅の方に戻りまして、停車中の列車。

踏切

駅のそばの踏切を渡ります。

踏切から

踏切付近から見た駅。

反対側から 反対側から

反対側から見た駅。

海水浴場

この先進むと海水浴場があります。ただ、時節柄、泳いでいる方も多くいらっしゃいましたので、撮影はしていません。


●2004年4月18日の様子。

駅名標

待合室 待合室

待合室は基本的に変わっていませんが、外装が異なっていました。

入口

待合室入口。

ホーム

ホームの様子。

雨晴方面

雨晴・氷見方面を望む。

雨晴駅側

雨晴駅側。当時はこちら側に出入口はありませんでした。

岩

ホームから見た岩。

チューリップ

チューリップ チューリップ

チューリップとホーム。

入口 入口

駅入口部分。トイレも今と異なった塗装です。

木

当時はホーム側、ホームと反対側それぞれに木が植えられていました。

伏木方面

伏木・高岡方面を望む。


←高岡方面:伏木駅 氷見方面:雨晴駅
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」氷見線 >越中国分駅