「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン >能生駅
えちごトキめき鉄道ロゴ えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン

能生駅

のう 新潟県糸魚川市

←市振・富山方面:浦本駅 直江津方面:筒石駅
JR時代の能生駅(北陸本線 糸魚川−直江津間へ)
取材日:2019年5月5日を主として、2018年10月8日・2019年11月23日

 旧能生町の中心となる駅で、複線電化による線路の付け替えにより、町の中から離れたところにできた駅の一つです。2面4線の立派な構内の駅ですが、ホームの両方向は柵で区切られてしまいました。なお、この柵により、駅名標は全て柵の外の設置となり、ホーム上で正面から撮ることができなくなりました。1枚目の画像は反対ホーム・斜めから撮っているため、少し歪んだものになっています。

能生駅名標 能生駅舎

ホーム

ホームの様子。

筒石方面

筒石・直江津方面を望む。

浦本方面

浦本・市振方面を望む。

3・4番のりば

3・4番のりばの上屋付近。

3・4番のりば

3・4番のりばの「のりば標」と接近表示器など。

3番のりば 4番のりば

3・4番のりばの「のりば標」。「のりば」と書かれているのが特徴です。

柵 柵

3・4番のりばの浦本駅側の柵。

ワンマン乗車位置案内

4番のりばのワンマン乗車位置案内。「4番のりば」と書かれているのが特徴です。

ホームから

3・4番のりばから見た山側の風景。

列車

3・4番のりばから見た2番のりばに停車中の列車。

柵

3・4番のりばの筒石駅側の柵。

柵

3・4番のりばから見た1・2番のりばの筒石駅側と駅前の方向。

手すり

手すりには「JR西日本金沢支社」が残っています。

階段

3・4番のりばから階段を降りていくところ。階段・通路とも床面全体が黄色く塗られているのが特徴です。

通路 通路

通路から各のりばへ。方面の案内がおそらく、第三セクター化後に変わったようです。(JR時代は例えば1・2番のりばに「東京」も書かれていました。)

1・2番のりば 1・2番のりば

1・2番のりばへ上がっていくところ。

1・2番のりば

1・2番のりばの「のりば標」と接近表示器など。

1番のりば 2番のりば

1・2番のりばの「のりば標」。

柵 柵

1・2番のりばの筒石駅側の柵。こちらは3・4番のりばと違い、階段を利用して最低限の柵になっています。

上屋

1・2番のりばの上屋付近。

浦本駅側

1・2番のりばの上屋下、浦本駅側。

建物

1・2番のりばのホーム上の建物。

柵 柵

1・2番のりばの浦本駅側の柵。3・4番のりばも含め、駅名方は柵の外側にあるのみになってしまいました。

ホーム

1・2番のりばの建物付近から見たホームの様子。

駅舎側 駅舎側

1・2番のりばから見た駅舎の方向。

ワンマン乗車位置案内

1・2番のりばのワンマン乗車位置案内。

2番のりば

2番のりばの諸設備。

通路へ

1・2番のりばから通路へ降りていくところ。

駅舎へ

通路から駅舎へ。

通路

駅舎内から見たホームの方向。

待合室 待合室

待合室内の様子。

出札口

出札口と券売機。

駅前

駅前の様子。

入口

駅舎入口。

バス停

バス停と駅舎。

歩道

駅前の道路は、線路と交差するところに歩道として別の通路があります。

反対側

駅舎と反対側へ。

ホーム ホーム

駅舎と反対側から見たホーム。

駅名標

反対側から見た駅名標。

駅名標

ホーム上からは正面から撮ることができなくなった駅名標ですが、かろうじて正面から撮ることができる場所がありました。

柵

反対側から見た浦本駅側の柵。


●2018年10月8日の様子。

通路

通路から見たホーム。2019年5月にこの角度から撮らなかったので改めて。

通路

改札前から見た通路。

1・2番のりば

通路から見た1・2番のりばの階段。

駅へ

町から駅への道。

駅

駅が近づいたところ。


●2019年11月23日の様子。

浦本方面

浦本方面を望む。両ホームの柵。

1・2番のりば

1・2番のりばにあるもの。

1・2番のりば

1・2番のりばから見た山側。

1・2番のりば

1・2番のりばから見た駅舎の方向。

雪月花

1番のりばから見た駅舎の方向と雪月花の停車目標。

駅前

駅前から道路に出てきたところから見た線路の方向。

町へ 町へ

町の方向へ進んでいきます。

旧役場

旧役場やショッピングセンターなど。

8号線 8号線

国道8号線にでてきたところ。

市街地

8号線から1本山側の道。

旧役場

旧役場のところ。廃線跡のサイクリングロードがあります。

旧能生駅 旧能生駅

そこに旧能生駅の跡地があります。

能生案内所

その旧駅のところにあるバス停が「能生連絡所」です。

サイクリングロード

サイクリングロードはそこから続いていきます。

能生郵便局

能生郵便局付近。

路地

サイクリングロードから路地へ。

町

古い町並みをしばらく行ったところ。

海のそば 海のそば

海のそばらしい建物がありました。

弁天岩

弁天岩が見えてきました。

岩へ

弁天岩へ渡る橋。

港

弁天岩へ渡ったところから見た港。

岩から 岩から

岩から見おろした両方向。

橋

岩から橋を見おろしたところ。

サイクリングロード

サイクリングロードは旧線路跡を利用しているため、トンネルもあります。これは付録ページでご紹介します。


←市振・富山方面:浦本駅 直江津方面:筒石駅
JR時代の能生駅(北陸本線 糸魚川−直江津間へ)
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」えちごトキめき鉄道 日本海ひすいライン >能生駅