区間全駅

七尾線 その11



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >七尾線>羽咋駅
←津幡・金沢方面:南羽咋駅 七尾・和倉温泉方面:千路駅

羽咋駅

はくい 石川県羽咋市
取材日:2003年8月10日

 慣れてしまうと問題はないんですけど、初めて見ると「難読駅名」ですね。主要駅ということで、特急は全列車停車します。UFOの町など、特色が多いです。かつてはここから、「北陸鉄道能登線」が出ていまして、志賀町を抜けて、富来町の入口、三明まで通じていました。その他、氷見線が山を越えてここまで延伸される計画もあったようで、そうなると、ジャンクション駅になっていた可能性もあります。

羽咋駅名標 羽咋駅駅舎

駅前

駅前の風景。

 

バス時刻

飯山(いのやま)・神子原方面、菅池行きバスの時刻表。実はこのバス路線、かつては氷見まで通じていたものらしいです。運命によってはこのバス時刻表ではなく、氷見方面高岡行き列車になっていたのかも知れません。

 

東口

羽咋駅東口。裏側です。この、跨線橋の下にあるものがかつての北陸鉄道能登線です。

廃線跡

羽咋駅から北側にちょっと行ったところから見た北陸鉄道能登線跡。このまま、サイクリングロードとして、かつての終点、三明を越え、巌門まで繋がっています。

UFO

駅前の街灯の上の部分。UFOの町です。

構内

構内の風景。特急サンダーバードが停車していきます。


←津幡・金沢方面:南羽咋駅 七尾・和倉温泉方面:千路駅
「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >七尾線>羽咋駅