区間全駅

七尾線 もくじ



「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >七尾線

●はじめに

 意外と歴史のある七尾線。最初の開業は明治31年4月24日、津幡(現在の本津幡)−七尾港(現在は七尾−七尾港間は廃止)間に「七尾鉄道」というものでした。その後、和倉温泉・能登中島・穴水・輪島と延伸されましたが、平成3年の七尾線津幡−和倉温泉間電化と引換に、和倉温泉−輪島間は「のと鉄道」に移管、そしてその後、穴水−輪島間は廃止されることになりました。

 ここでは、JR西日本が運行している津幡−和倉温泉間の各駅をご紹介します。和倉温泉までの間では、全くと言っていいほど海が見えません。しかしながら、海が近いことを感じさせる砂丘地帯を抜け、邑知地溝帯という、日本でも類を見ない風景を眺め、七尾・和倉温泉に至ります。

●もくじ

中津幡駅  なかつばた
本津幡駅  ほんつばた
能瀬駅  のせ
宇野気駅  うのけ
横山駅  よこやま
高松駅  たかまつ
免田駅  めんでん
宝達駅  ほうだつ
敷浪駅  しきなみ
南羽咋駅  みなみはくい
羽咋駅  はくい
千路駅  ちじ
金丸駅  かねまる
能登部駅  のとべ
良川駅  よしかわ
能登二宮駅  のとにのみや
徳田駅  とくだ
七尾駅  ななお
和倉温泉駅  わくらおんせん


「区間全駅ネットワーク」(サイトのトップ) >「区間全駅」(コーナーのトップ) >七尾線