「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」あいの風とやま鉄道 >入善駅
あいの風とやま鉄道ロゴ あいの風とやま鉄道

入善駅

にゅうぜん 富山県下新川郡入善町

←石動・金沢方面:西入善駅 越中宮崎・糸魚川方面:泊駅
JR時代の入善駅(北陸本線 富山−糸魚川間へ)
取材日:2016年10月2日/2017年4月16日

 この付近の駅一帯がそうですが、立山連峰からの水の恵みを受けた町にある駅です。さらに入善町は海洋深層水の活用にも力を入れており、その看板も駅のそばにあります。また、この駅の場合は駅近くに、かつては水を動力としたであろう紡績工場もあります。この駅の場合は並行する私鉄もなく、この駅が最寄り駅となる場所が多かったため、このページでご紹介している内容が多くなっております。ご了承ください。

入善駅名標 入善駅名標

入善駅駅舎

ホーム

ホームの様子。

西入善方面

西入善・石動方面を望む。

泊方面

泊・越中宮崎方面を望む。

反対側

縦型の駅名標と反対側。

工場

駅舎と反対側にある工場と海洋深層水の看板。

史跡名所

史跡名所案内。

北越白山

他駅にもありますが、かなり前の乗車位置案内。

乗車位置案内跡

JR入善駅だった最後まで使われていた乗車位置案内の跡。

乗車位置案内の跡

かなり前と少し前の乗車位置案内の跡。

ホーム

2番のりばだったところが柵が設置され、3番のりばだったところが2番のりばになっています。

軒下

2番のりば軒下の設備類。

2番のりば

2番のりば軒下。

泊側

2番のりばの泊駅側。

跨線橋から

跨線橋階段から2番のりば。

跨線橋から

跨線橋から見た駅舎と反対側。

跨線橋内

跨線橋内の様子。

泊方面

跨線橋から見た泊・越中宮崎方面。

西入善方面

跨線橋から見た西入善・石動方面。

1番のりばへ

跨線橋から1番のりばへ。

1番のりば 1番のりば

1番のりばの様子。

駅前

1番のりばから見た駅前。

貨物列車

1番のりばを通過する貨物列車。

改札口

1番のりば改札口付近。

2番のりば

1番のりばから見た2番のりば。

改札口

出・改札口の様子。

券売機

出札口の横、券売機など。

待合室 待合室

待合室内の様子。

入口

駅舎入口。

駐輪場

ポストと駐輪場。

庭

駅舎横、1番のりばに接するところの花など。

駅前広場

駅前広場の様子。

駅前

駅前の様子。

バス停

駅前のバス停。町営バスや新幹線の黒部宇奈月温泉駅行きのバスに乗れます。

時刻表

バスのりばとのらんマイ・カーの時刻表など。

左側

駅前左側。

駅前

駅前正面。

水

水が湧き出ているところと駅舎遠景。この場所から新しい道と古い道に分かれます。

古い道

古い道の方。商店や住宅などが並んでいます。

合流点

その先しばらくいったところに新旧の道の合流点があります。

新しい道

新しい道の方向を進んで行ったところ。

国道8号線

国道8号線にでたところ。入善町役場などもこのあたりにあります。

水の小径

8号線を越えてさらに進んで行ったところ。「水の小径」として、用水路が整備されて散歩道になっているところがあります。

道

水の小径。

流れ

「水の小径」の水の流れ。

水力発電 水力発電

また、8号線から「水の小径」の碑があるところの間に、用水を利用した水力発電実験設備があります。

踏切

一旦、駅寄り山側から駅に戻ってきました。今度は海側へ行きます。駅近くの踏切。

踏切付近から

踏切付近から見た入善駅。

電車

あいの風とやま鉄道の電車が発車していきました。

反対側 反対側

駅舎反対側から見たホーム。

離れる

そこから離れて振り返ったところ。

工場脇

紡績工場の脇を通り過ぎます。

海側へ

しばらく進むと海へ向かってまっすぐに伸びていく道に出てきました。

振り返る

振り返ったところ。

海へ 海へ

海へ出てきたところ。

風車

海沿いに風車があります。

じょうべのま遺跡

海の近くに「じょうべのま遺跡」があります。

遺跡

遺跡の中の様子と、かつての様子。川の流れがここを通っていたようです。

風車

遺跡から見た風車。

駅の方向

遺跡から見た駅の方向。

紡績工場跡 紡績工場跡

駅へ戻る道すがら。おそらく紡績工場だったところをニュータウンとして売り出しているようです。

紡績工場

紡績工場の入口の一つ。

水路

紡績工場付近を勢いよく流れる水路があります。かつては水力を利用していた頃の名残かと思います。

線路下

入善駅から泊駅側は踏切ではなくアンダーパスで線路の下を通ります。

駅へ

そこから入善駅へ。

ホーム

1番のりば泊駅側を道から。

ホーム

夕陽を浴びたホームの様子。

バス バス

駅へ戻ると「のらんマイ・カー」と「入善新幹線ライナ−」が停まっていました。


●2017年4月16日の様子。

改札口 改札口

案内モニターが設置された後の改札口。

にゅうぜんフラワーロード

先ほどご紹介した「水の小径」の先で2017年の「にゅうぜんフラワーロード」が行われました。

チューリップ チューリップ

にゅうぜんフラワーロードのチューリップの様子。

チューリップ

同様。

会場

チューリップとメイン会場。

チューリップ

さらにチューリップ。

桜

桜の花と、チューリップを見る人々。

用水

用水と散り始めた桜。

水の小径

その用水がしばらく進むと「水の小径」になります。


←石動・金沢方面:西入善駅 越中宮崎・糸魚川方面:泊駅
JR時代の入善駅(北陸本線 富山−糸魚川間へ)
「区間全駅ネットワーク」「区間全駅」あいの風とやま鉄道 >入善駅